栃木の秘境 湯西川 湯殿山神社の祭礼

0

    JUGEMテーマ:神社仏閣

    JUGEMテーマ:栃木県

    JUGEMテーマ:首都圏健歩会

    JUGEMテーマ:ご当地イベント

     

     

     

     

     

    栃木の秘境 湯西川 湯殿山神社の祭礼

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    平家落人伝説の里、栃木県北部の山あいにある自然豊かな温泉街

     

    日光市湯西川(旧栗山村)にて

     

    湯殿山神社の祭礼が8月17日(土)に執り行われました。

     

     

     

     

     

     

    この祭礼には、「祭には居留守なし」との俗諺があり

     

    ムラ総出でおこなわれる湯西川の重大な祭礼の一つで

     

    古来より厳粛に引き継がれております。

     

     

     

     

     

    祭典は17日に行われますが、祭を遂行するにあたり

     

    湯西川の各地区から選抜された神輿渡御に奉仕する行人15人が

     

    (神輿渡御の奉仕をする人を行人(ぎょうにん)と呼びます)

     

    15日からムラの慈光寺の庫裡(くり)の小屋に籠もり(泊まり込み)

     

    祭礼当日まで、お祭の準備を行います。

     

     

     

     

     

     

     

    又、行人は祭礼日まで食事の制限があり、ご飯・味噌汁・豆腐の

     

    精進料理のみを食し、毎日三回の川での水行(禊(みそぎ))を

     

    行って神輿の前で祝詞を奏上して潔斎をします。

     

     

     

     

    ※神職である私も15日から行人と寝食をともにして寺に籠もり

     

     潔斎を行います。

     

    ※現在は15日からのお籠もりですが、昔はもう少し長い日数

     

     お籠もりがありました。

     

     

     

     

     

    祭礼当日は夜明け前に神社に向かい、当日の準備を行い

     

    その後、慈光寺に戻り、寺から神社まで神輿の渡御を行います。

     

     

     

     

     

    神社に到着後、神事が行われます。

     

    参列者の拝礼が済むと、総代長・神職・僧侶の三職(さんしき)が

     

    見守る中、文挟流 三匹獅子舞が演じられ、神様に奉納され神事が

     

    執り納められます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お祭について、もう少し詳しく書いてみましたので、

     

    下記を御覧下さい(^_^)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    神職と湯西川の各地区から選抜された神輿渡御奉仕をする行人は、慈光寺にて

     

    寝食を共にして祭典の準備をしながらお籠もりをして潔斎をおこないます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    お籠もりの期間中、毎日三回(早朝・夕方・深夜)川で禊(水行)を行い、

     

    心身を清めます。

     

    川の行き帰りは、ホラ貝を吹き祭典が近づいている事を知らせます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    禊(水行)の後は、神輿の前で全員で唱詞を奏上して 神拝を行います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    祭典当日まで、お祭の準備を行います。

     

    下の写真は、梵天と言われる神具を作っている所です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    御神輿のお飾り。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    湯西川の伝統食「ばんだい餅」をついて、お神様にお供えをします。

     

    ばんだい餅とは、餅米でなく お米をついてお餅にします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    祭典当日の御神輿行列準備の様子。

     

    私も御神輿行列(渡御)に同行して奉仕しておりますので

     

    御神輿行列の様子の写真はありません(>_<)

     

     

     

     

    インターネットで湯西川湯殿山神社で調べると、行列の

     

    様子がでてきますので調べてみて下さい。

     

     

     

     

    天狗の面をかぶった猿田彦が御神輿を先導して神社まで進んでいきます。

     

    猿田彦・神職・総代長・住職・お札持ち・お供え持ち・梵天持ち・神輿・・・

     

    と列をなします。

     

    途中、猿田彦が場を清める為に槍で空を切ったり、行人が独特のかけ声を

     

    かけたりと とても見応えがあります。

     

     

     

     

     

     

    白い鉢巻きと白衣を着ているのが御神輿渡御奉仕をする行人さんです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    湯殿山神社で使用する玉串は、古来より榊ではなく、いちいの木を

     

    用います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    社殿には沢山の梵天が飾られます。

     

    湯殿山神社は神仏習合時代のお祭の形が色濃く残っております。

     

     

     

     

     

     

    神職として祭典のご奉仕をしましたので

     

    祭典中の写真はありません(>_<)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    祭典が終わると、笛や太鼓にあわせて舞う一人立三匹獅子舞の奉納が

     

    行われます。

     

     

     

    地元の方々は境内で、獅子を見ながらご馳走を食べ 

     

    年に一度のお祭を楽しみます。

     

     

     

    湯西川の獅子舞は日光市の無形民俗文化財に指定されております。

     

     

     

     

     

     

     

     

    下の写真はササラ(道化師)といい、獅子舞の合間に場を盛り上げます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    獅子舞の途中で一休止があります。

     

    炎天下の中で行われますので、途中で日傘と水分補給がありました。

     

     

    湯西川の獅子は動きも激しく、獅子頭をかぶっているので

     

    演者の負担はかなりのものだと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    湯殿山神社の祭礼は毎年8月17日に執り行われます。

     

    行人さん達のお籠もり、準備風景はなかなか見る事が難しいかもしれませんが、

     

    17日の祭典はどなたでも、見学・お参りが可能ですので是非湯西川にお越し下さい。

     

    湯殿山神社は日光市湯西川小中学校の横に鎮座しています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    報徳二宮神社だより

     

     

     

     

     

     

     

    二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

     

     

     学問・経営の神

     

       今市 報徳二宮神社

     

     

     

     

      住所  栃木県日光市今市743

     

     

       電話  0288−21−0138

     

     

     

     

     

     

     

     

    日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

     

    東武下今市駅より徒歩3分

     

     

     

     

     

     

     

    日光東照宮・日光二荒山神社

     

    鬼怒川温泉より30分圏内

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM