節分祭 大祈願祭

0

    JUGEMテーマ:ご当地イベント

    JUGEMテーマ:首都圏健歩会

    JUGEMテーマ:神社仏閣

    JUGEMテーマ:栃木県

    JUGEMテーマ:御朱印収集

     

     

     

     

    災いを払い福を招く!豆まき神事

     

     

    節分 大祈願祭のご案内

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2月3日(月) 10時・14時

     

    節 分 祭 

     

     厄除・招福 大 祈 願 祭を執り行います。

     

     

     

     

    次 第 

     

     修祓・祝詞奏上・鈴祓いの儀・玉串奉奠・丸かぶり恵方巻き神事

     

     福がらまき(豆まき)神事 

     

     

     

     

     

    ※祭典参加者は、恵方巻きを召し上がって

     

    頂いた後に、神楽殿にて豆まきをして頂きます。

     

     

     

     

    初穂料  5000円

     

     

     

    厄除け祈願は古来より節分までに

     

    行う習わしとなっております。

     

     

     

     

     

     

    厄祓・方位除け・招福祈願をお済みでない方は、

     

    この機会に是非ご祈願をお受けください。

     

     

     

     

    厄祓・方位除け・開運・合格・家内安全

     

    商売繁盛・健康長寿 等を祈願致します。

     

     

     

     

     

     

    令和2年 厄年表

     

     

     

     

     


    令和2年 方位除け

     

     

     

     

     

     

     

     

    お申し込みは、電話 又は社務所までご連絡ください。

     

    電話 0288-21-0138

     

     

    ※当日受付も可能です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    10時過ぎ・14時過ぎに豆まき・福がらまきを行います。

     

     

    皆様是非、福をひろいにお越し下さい。

     

     

    福ひろいは無料です。

     

     

     

    ※豆・お菓子・おもちゃ等をまきます。

     

    ※裃(かみしも)でのがらまきは14時過ぎです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    裃(かみしも)着用 参加者 募集!

     

     

     

    裃を着用してご祈願・豆まきに参加

     

    初穂料 2万円〜

     

     

     

    裃着用者は14時の祭典にご出席頂きます。

        

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    節分祭特別御朱印も頒布致します。

     

    ※節分特別御朱印は後日お知らせ致します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    新春特別御朱印は

     

    2月4日頃まで頒布しております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

     

     

    学問・経営・財福の神

     

       今市 報徳二宮神社

     

     

      住所  栃木県日光市今市743

     

       電話  0288−21−0138

     

     

     

     

    日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

     

    東武下今市駅より徒歩3分

     

     

     

    日光東照宮・日光二荒山神社

     

    鬼怒川温泉より30分圏内

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    大人から子供まで大人気!

     

    鳩の餌やりが出来ます (^o^)

     

    小さなお子様でも大丈夫です!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    千本木地区のどんと焼き神事

    0

      JUGEMテーマ:首都圏健歩会

      JUGEMテーマ:神社仏閣

      JUGEMテーマ:栃木県

      JUGEMテーマ:ご当地イベント

       

       

       

       

      千本木地区のどんと焼き神事

       

       

       

       

      新年あけましておめでとうございます。

       

       

       

      新しき年が幸多き良き年となられますよう衷心より

       

      御祈念申し上げます。

       

       

       

       

      又、当神社におきましては皆様のおかげにて

       

      新春行事を滞りなく執り納める事が出来ました事

       

      心より御礼申し上げます。

       

       

      本年もよろしくお願い致します。

       

       

       

       

       

       

      さて、1月12日に今市の千本木地区にて、

       

      どんと焼きが行われました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      昔は夜に行われていましたが、様々な事情により

       

      最近は昼間に行われています。

       

       

       

      今市の街でも昔はいろんな地区でどんと焼きが行われて

       

      いましたが、今は行う所が少なくなってきました。

       

       

       

       

       

      勢いよく燃え上がります。

       

       

       

       

      古来より、お正月には門松や注連縄飾りをして、

       

      年神様をお迎えしました。

       

      そしてどんと焼きによって、年神様をお送りしました。

       

       

       

       

       

       

      高く立ち上る煙・炎に乗って、年神様はお帰りに

       

      なられますので、今年も無事にお帰りになられた

       

      事と思います。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      子供達は、火が弱くなってから焼く繭玉(もち団子)

       

      が一番の楽しみです。

       

       

       

      良き経験、思い出となったのではないでしょうか。

       

       

       

       

       

      少しわかりずらいですが、笹に団子をつけた繭玉です。

       

       

       

       

       

       

      どんと焼きの火・煙をあびると、今年一年の無病息災

       

      家内安全・五穀豊穣などの御利益があると言われます。

       

       

       

      千本木地区の皆様の御発展と御隆昌・御多幸をお祈り

       

      申し上げます。

       

       

       

       

       

       

       

       

      二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

       

       

      学問・経営・財福の神

       

         今市 報徳二宮神社

       

       

        住所  栃木県日光市今市743

       

         電話  0288−21−0138

       

       

       

       

      日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

       

      東武下今市駅より徒歩3分

       

       

       

      日光東照宮・日光二荒山神社

       

      鬼怒川温泉より30分圏内

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      厄払い・家内安全・合格祈願・身体安全・健康

       

        安産祈願 ・初宮詣 ・七五三

       

           赤子命名・家相相談

       

             神 葬 式

       

       

       

        各種ご祈願等随時行っております。

       

       

       

       

       

      令和2年 厄年表

       

       

       

      令和2年 方位除け

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      新春特別御朱印のご案内

      0

        JUGEMテーマ:御朱印収集

        JUGEMテーマ:神社仏閣

        JUGEMテーマ:栃木県

        JUGEMテーマ:ご当地イベント

        JUGEMテーマ:首都圏健歩会

         

         

         

         

         

        令和2年 正月

          

          新春特別御朱印のご案内

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        1月1日より、新春特別御朱印を頒布致します。

         

        1月1日〜2月4日頃までの頒布予定です。

         

         

         

         

        直書きをおこないますが、1月1日〜5日までは

         

        社務多忙につき書き置きのみでの頒布となります。

         

        ※御朱印帳に記帳が出来ません。

         

         

         

         

        6日以降は御朱印帳に記帳可能ですが、場合によって

         

        は書き置きでの対応となる事もあります。

         

         

         

         

         

         

        皆様のご参拝おまちしております。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        報徳二宮神社 

         

        初詣・年頭祈願・新春の行事のご案内

         

         

         

         

         

        1月1日〜  

         

          新春 年頭特別祈願祭

         

         

        新年の各種 年頭祈願(祈祷)は

         

        1月1日 0時〜 行います。

         

         

        1月2日以降は9時〜17時まで行っております。

         

         

         

        厄払・家内安全・商売繁盛・学業成就・合格祈願

         

        病気平癒・健康、心願成就、厄除開運祈願 等

         

        各種祈願祭おこないます。

         

         

         

         

         

        令和2年 厄年表
         

         

         

         

        令和2年 方位除け

         

         

         

         

         

         

         

        大晦日から1日

         

          古神札・お守り大焼納祭

         

        ※お札・お守りのお焚きあげを行いますのでお札等おもち下さい。

         

         

         

         

         

        1月1日、2日 12:00〜13:00頃

         

         福がらまき

         

        (縁起物・おもちゃ・お菓子等)

         

         

         

         

         

         

        1月3日  10:30〜13:00頃

         

         餅つき大会

         

        (餅つき体験・お餅の無料振る舞い)

         

         

         

         

         

         

        1月1日〜3日  12:00〜

         

         よさこい演舞 

         

        ※宇都宮を拠点としたよさこいチーム

          「絆翔〜HY〜」様による奉納演舞  

         

         

         

         

         

         

        甘酒の無料配布

         

        おでん・豚汁等の軽食の販売もあります。

         

         

         

         

         

         

         

        初詣は報徳二宮神社へ是非お越し下さい。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

         

         

        学問・経営の神

         

           今市 報徳二宮神社

         

         

          住所  栃木県日光市今市743

         

           電話  0288−21−0138

         

         

         

         

        日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

         

        東武下今市駅より徒歩3分

         

         

         

        日光東照宮・日光二荒山神社

         

        鬼怒川温泉より30分圏内

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        新春 初詣のご案内

        0

          JUGEMテーマ:栃木県

          JUGEMテーマ:御朱印収集

          JUGEMテーマ:ご当地イベント

          JUGEMテーマ:首都圏健歩会

          JUGEMテーマ:神社仏閣

           

           

           

           

          新春 初詣のご案内

           

           

           

          今年も数える事、残りわずかとなりました。本年は、平成から令和へ

           

          新天皇様のご即位と大変おめでたい年でありました。

           

          又、災害の多い年であり、人智を超えた自然の脅威を感じさせられた

           

          年でもありました。

           

           

          被災された地域の方におかれましては、衷心より

           

          お見舞い申し上げます。

           

           

          皆様におかれましては、どのような年であられましでしょうか。

           

           

          新しい年が素晴らしい年となられますようお祈り申し上げます。

           

          良いお年をお迎え下さい。

           

           

           

           

           

          さて、当神社の初詣のご案内です

           

           

           

          古来より一年の計は元旦にありと申します。

           

          神社にお参りをし新しい年のご加護をおうけください。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          年 頭 祈 願 祭

           

           

           

          元旦0時より17時まで随時おこなっております。

           

          家内安全・商売繁盛・厄払・方位除け・開運祈願

           

          合格・無病息災・交通安全・病気平癒祈願等おこないます。

           

           

          元旦から5日頃までは予約なしで随時、ご祈願おこないます。

           

           

           

           

          令和2年 厄年表

           

           

           

           

          令和2年 方位除け

           

           

           

           

          ※厄年表は数え年となっております。

           

           

           

           

           

           

           

          新春特別御朱印の頒布

           

           

           

           

           

          1日より頒布致します。正月5日頃までは、社務多忙につき

           

          書き置きのみでのお渡しとなります。

           

           

          書き手が常時ご祈願をしておりますので、直書き出来ません。

           

          ご了承の程お願い致します。

           

           

           

           

           

          大 焼 納 祭

           

           

          1日0時より1日夕刻頃まで

           

           

          境内特設、焼納神事場において、古神符・御札、お守りの

           

          御焚きあげをおこないます。

           

           

           

           

           

           

           

          福 が ら ま き

           

           

          1日、2日 12時〜13時頃

           

           

          毎年恒例の、縁起物・おもちゃ・お菓子の福がらまきをおこないます

           

          福をひろいにお越し下さい!

           

           

           

           

           

           

           

           

          餅 つ き 大 会

           

           

          3日 10時半頃から13時頃まで

           

           

          毎年恒例の、餅つき体験・つきたての餅の無料振る舞いをおこないます。

           

          地元、千本木地区の有志の皆様のご奉納による餅つきです。

           

           

           

           

           

           

           

          よ さ こ い 演 舞

           

           

          1日から3日  12時頃から

           

           

          毎年恒例のよさこい演舞の奉納があります。

           

          宇都宮を拠点としたよさこいチーム・絆翔〜HY〜の皆様による演舞です。

           

          どなたでも、見ることができます!

           

           

           

           

           

           

           

          又、境内では甘酒の無料振る舞いやおでん・豚汁の販売や

           

          輪投げなどのゲームも行っております。

           

           

           

           

          初詣は、ご家族皆様で報徳二宮神社へお参り下さい。

           

          皆様のご参拝おまちしております。

           

           

           

           

           

           

           

          二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

           

           

          学 問 ・ 経 営 の 神

           

             今市 報 徳 二 宮 神 社

           

           

            住所  栃木県日光市今市743

           

             電話  0288−21−0138

           

           

           

           

          日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

           

          東武下今市駅より徒歩3分

           

           

           

          日光東照宮・日光二荒山神社

           

          鬼怒川温泉より30分圏内

           

           

           

           

           

             

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          令和 2年 厄祓・方位除け ご祈願のご案内

          0

            JUGEMテーマ:御朱印収集

            JUGEMテーマ:ご当地イベント

            JUGEMテーマ:首都圏健歩会

            JUGEMテーマ:神社仏閣

            JUGEMテーマ:栃木県

             

             

             

             

            厄祓・方位除け ご祈願のご案内

             

             

             

             

            厄年とは古来より、人の一生の中で災い・災難が起こりやすい

             

            歳と言われています。特に男性42歳・女性33歳を大厄と言い

             

            肉体的・精神的に変化が大きく、特に気をつけなければ

             

            いけないと言われています。

             

             

             

             

            又、厄年の年は本人だけではなく、家族身内にも災難が

             

            起こりやすいとも言われます。

             

             

             

             

             

            その為、古くより 厄年の年には、神社にお参りをして

             

            厄払いの祈願を受け 一年の平穏が願われてきました。

             

             

             

             

             

            厄払いは節分までにおうけください。

             

             

             

             

             

            令和 2年 厄年表

             

             

             

            令和 2年 方位除け

             

             

             

             

            令和 2年 歳祝い

             

             

             

            ※厄年表は数え年です。

             

            数え年とは、生まれた年を1歳とし、以後正月を迎えるごとに

             

            1歳ずつ増やして数える年齢。

             

             

             

             

             

             

            厄払いのご祈願は、1月1日は0時から17時まで。

             

            2日以降は9時から17時まで随時受付しております

             

             

             

             

             

             

            商売繁盛・家内安全・安全祈願・合格祈願・病気平癒・健康

             

            開運祈願・交通安全など、その他祈願も随時行います。

             

             

             

             

             

             

             

            報徳二宮神社 新春の行事

             

             

             

             

             

            1月1日〜  

             

              新春 特別御朱印の頒布 

             

             

             

             

            大晦日から1日

             

              古神札・お守り大焼納祭

             

            ※お札・お守りのお焚きあげを行いますのでお札等おもち下さい。

             

             

             

             

             

            1月1日、2日 12:00〜13:00頃

             

             福がらまき(縁起物・おもちゃ・お菓子等)

             

             

             

             

             

             

            1月3日  10:30〜13:00頃

             

             餅つき大会(餅つき体験・お餅の無料振る舞い)

             

             

             

             

             

             

            1月1日〜3日  12:00〜

             

             よさこい演舞 

             

            ※宇都宮を拠点としたよさこいチーム「絆翔〜HY〜」様による奉納演舞  

             

             

             

             

             

             

            初詣は報徳二宮神社へ是非お越し下さい。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

             

             

            学問・経営の神

             

               今市 報徳二宮神社

             

             

              住所  栃木県日光市今市743

             

               電話  0288−21−0138

             

             

             

             

            日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

             

            東武下今市駅より徒歩3分

             

             

             

            日光東照宮・日光二荒山神社

             

            鬼怒川温泉より30分圏内

             

             

             

             

             

             

             


            新年の御札・幣束・紙垂の頒布

            0

              JUGEMテーマ:首都圏健歩会

              JUGEMテーマ:神社仏閣

              JUGEMテーマ:栃木県

              JUGEMテーマ:御朱印収集

               

               

               

               

               

               

              新年の御札・幣束・神垂・暦の頒布のご案内

               

               

               ※神垂(しで・注連縄等につける稲妻の形をした紙)

               

               

               

               

              新年のお神棚におまつりする、神宮大麻・当神社の二宮大麻

               

              年神様・各種幣束・紙垂・暦を頒布しています。

               

               

              ご希望の方は神社までお越し下さい。社頭にておわかち致します。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ・神宮大麻  ・報徳二宮神社大麻  ・年神様   ・令和2年 暦 

               

              ・大紙垂  ・小紙垂   ・白幣束   ・赤幣束   ・青幣束

               

               

               

               

               

                    ・祓          ・大幣束(白)    

               

                          ・恵比寿幣束

               

               

               

               

               

               

               

               

              令和2年度 厄年表

               

               

               

               

              令和2年 方位除

               

               

               

               

               

              令和2年 歳 祝

               

               

               

               

              ※表はすべて数え年です。

               

               

               

               

               

              新年のご祈願・新春の行事

               

               

              新年の厄払 祈願(祈祷)は1月1日 0時〜 行います。

               

              1月2日以降は9時〜17時まで行っております。

               

               

               

              厄払・家内安全・商売繁盛・学業成就・合格祈願

               

              病気平癒・健康、心願成就、厄除開運祈願 等

               

              各種祈願祭おこないます。

               

               

               

               

               

              1月1日〜  

               

                新春 特別御朱印の頒布 

               

               

               

               

              大晦日から1日

               

                古神札・お守り大焼納祭

               

              ※お札・お守りのお焚きあげを行いますのでお札等おもち下さい。

               

               

               

               

               

              1月1日、2日 12:00〜13:00頃

               

               福がらまき(縁起物・おもちゃ・お菓子等)

               

               

               

               

               

               

              1月3日  10:30〜13:00頃

               

               餅つき大会(餅つき体験・お餅の無料振る舞い)

               

               

               

               

              1月1日〜3日  12:00〜

               

               よさこい演舞 

               

              ※宇都宮を拠点としたよさこいチーム「絆翔〜HY〜」様による奉納演舞  

               

               

               

               

              年頭祈願祭(祈祷)随時行います。

               

               

               

               

               

              初詣は報徳二宮神社へ是非お越し下さい。

               

               

               

               

               

               

               

               

              二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

               

               

              学問・経営の神

               

                 今市 報徳二宮神社

               

               

                住所  栃木県日光市今市743

               

                 電話  0288−21−0138

               

               

               

               

              日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

               

              東武下今市駅より徒歩3分

               

               

               

              日光東照宮・日光二荒山神社

               

              鬼怒川温泉より30分圏内

               

               

               

               

               

                 

               

               

               


              「二宮尊徳と久保田譲之助」 特別企画展の開催

              0

                JUGEMテーマ:首都圏健歩会

                JUGEMテーマ:神社仏閣

                JUGEMテーマ:御朱印収集

                JUGEMテーマ:栃木県

                JUGEMテーマ:ご当地イベント

                 

                 

                 

                 

                 

                「二宮尊徳と久保田譲之助」 特別企画展の開催

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                当神社の宝物館収蔵の史料が多数展示されています。

                 

                 

                 

                 

                 

                栃木県の鹿沼市文化活動交流館にて、「二宮尊徳と久保田譲之助」

                 

                企画展が12/1(日)から12/22(日)まで

                 

                開催されています。

                 

                 

                 

                 

                 

                久保田譲之助さんは、江戸時代に風土的問題で米の生産が

                 

                出来なかった板荷村(現 鹿沼市板荷)を明治2年・22歳の時に

                 

                一筋の用水路を築き、田園風景の広がる村へと変えた人物です。

                 

                彼が作った用水路は「久保田堀」と呼ばれ、今も大切に

                 

                されております。

                 

                 

                 

                 

                 

                久保田さんの行った仕法(やり方)は、幕末に日光今市の農村復興

                 

                改革を行った二宮尊徳・尊行さん親子の「報徳仕法」に基づく

                 

                もので、彼は二宮尊徳さんの息子である尊行さんの弟子でした。

                 

                日光今市の農村復興にも携わっております。

                 

                 

                 

                 

                今回の企画展では、二宮尊徳・尊行さん・久保田譲之助さんの仕法を

                 

                通して、幕末・明治の混乱期に地域の再興を目指した人々の足跡を

                 

                明らかにするとの内容です。

                 

                 

                 

                当神社の宝物館より二宮尊徳ゆかりの史料や

                 

                久保田譲之助さんに関わる史料も多数展示されています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                史料の搬出の様子

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                興味のある方は是非、鹿沼市文化活動交流館まで

                 

                足を運ばれてみて下さい(^_^)!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                報徳二宮神社だより

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

                 

                 学問・経営の神

                 

                   今市 報徳二宮神社

                 

                 

                   住所  栃木県日光市今市743

                 

                   電話  0288−21−0138

                 

                 

                 

                 

                日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

                 

                東武下今市駅より徒歩3分

                 

                 

                 

                日光東照宮・日光二荒山神社

                 

                鬼怒川温泉より30分圏内

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                季節の御朱印〜水仙〜のご案内

                0

                  JUGEMテーマ:御朱印収集

                  JUGEMテーマ:神社仏閣

                  JUGEMテーマ:栃木県

                  JUGEMテーマ:首都圏健歩会

                   

                   

                   

                   

                   

                  季節の特別御朱印〜水仙〜のご案内

                   

                   

                   

                   

                  いよいよ、師走となりました。本年は平成から令和へと改元し

                   

                  新帝陛下がご即位される大変おめでたい年でありましたが

                   

                  今年もあと一ヶ月をきりました。

                   

                  寒さも一段と増してきていますが、皆様方におかれましては

                   

                  体調を崩されないようお気をつけ下さい。

                   

                   

                   

                   

                  我が日光今市の街は深夜朝方は氷点下となる日もあります。

                   

                  ご参拝の時には暖かい服装でお参り下さい(^_^)!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  さて、季節の特別御朱印のご案内となります。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  冬の特別御朱印で、今回は水仙になります。

                   

                   

                   

                  12月3日・明日からの頒布です。

                   

                   

                   

                  頒布期間は2月中旬頃の予定です。

                   

                   

                   

                   

                  御朱印帳への直書きで対応しておりますが、

                   

                  社務の都合により書き置きとなる場合がありますので

                   

                  ご了承の程お願い致します。

                   

                   

                   

                   

                   

                  皆様のご参拝おまちしております☆

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

                   

                   

                  学問・経営の神

                   

                     今市 報徳二宮神社

                   

                   

                    住所  栃木県日光市今市743

                   

                     電話  0288−21−0138

                   

                   

                   

                   

                  日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

                   

                  東武下今市駅より徒歩3分

                   

                   

                   

                  日光東照宮・日光二荒山神社

                   

                  鬼怒川温泉より30分圏内

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  大人から子供まで大人気!

                   

                  鳩の餌やりが出来ます (^o^)

                   

                  小さなお子様でも大丈夫です!

                   

                   

                   


                  全国報徳サミット筑西市大会

                  0

                    JUGEMテーマ:ご当地イベント

                    JUGEMテーマ:栃木県

                    JUGEMテーマ:首都圏健歩会

                    JUGEMテーマ:神社仏閣

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    全国報徳サミット筑西市大会

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    11月9日(土)に尊徳翁にゆかりのある、全国17市町の集う全国報徳

                     

                    サミットが茨城県の筑西市で開催されました。

                     

                     

                     

                    サミットは毎年開催されており、尊徳翁が復興・農村指導等を行った

                     

                    ゆかりの地や、尊徳翁の報徳仕法と呼ばれる教えにより救われた全国

                     

                    17市町のもちまわりで開催されています。

                     

                     

                     

                    遠くは北海道の豊頃町や三重県大台町等広範囲に渡ります。

                     

                     

                     

                     

                     

                    尊徳先生は、実に600ヶ村以上の村や藩の財政再建・復興を

                     

                    行いました。

                     

                     

                     

                     

                    今回開催された、茨城県筑西市においては旧下館藩・幕府領・

                     

                    旗本領を尊徳先生の仕法により立て直した歴史があり、その復興の

                     

                    足跡は市内各地に残されています。

                     

                     

                     

                     

                    報徳サミットでは、尊徳翁の報徳精神という固い絆で結ばれている

                     

                    市町村が集い、報徳仕法を通じた心豊かでたくましく生きる

                     

                    ひとづくり・まちづくりに活かす為に行われています。

                     

                     

                     

                    今回のサミットでは、二宮尊徳翁7代目子孫、中桐万里子様による

                     

                    講演が行われました。

                     

                     

                     

                     

                    又、特別展示として下館藩掉ヶ島仕法において使われていた、

                     

                    当神社収蔵の「掛樋」(かけひ)が展示されました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    私は、地元 今市報徳社の皆様と一緒にサミットに参加してまいりました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    受付開始より早く会場に到着しましたが、既に会場には多くの方が来られて

                     

                    いました。会場には地元の特産品販売や尊徳先生に関する書籍やグッズなど

                     

                    も販売されていました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    サミットプログラム

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    サミット開会式の様子

                     

                     

                     

                     

                     

                    尊徳先生が行った、下館藩(筑西市)の農村復興について、地元小学生が

                     

                    演劇形式でわかりやすく説明がありました。

                     

                    筑西市では、今も尊徳先生の教えが生きづいています。

                     

                    とても素晴らしい発表でした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    二宮尊徳翁7代目子孫、中桐万里子様による講演

                     

                    大変貴重で勉強になる内容でした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    尊徳先生の筑西市に関する史料の展示がありました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    当神社に納められている、「 掛樋  」(かけひ)の展示

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    特別展示の「掛樋」(かけひ)

                     

                     

                    尊徳先生が掉ヶ島の農業用水事業において作らせた樋(とい)です。

                     

                    杉で出来ており長さ4.5メートルあります。この樋をつかい、

                     

                    田に水を引き入れしました。尊徳先生は私財を投じて掉ヶ島の農村

                     

                    改革を行われました。

                     

                     

                     

                     

                    昭和45年まで実際に120年間使用されておりました。

                     

                    その後、この樋は役目を終え、尊徳先生ゆかりの地である当神社に

                     

                    感謝を込めて奉納されました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    「掛樋」が当神社から筑西市へと搬送される様子です。

                     

                    約50年ぶりの里帰りとなりました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    約50年前、茨城県の掉ヶ島から、当神社に「掛樋」が搬送する時の写真

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    茨城新聞の記事(11月8日朝刊)

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    尊徳先生に関する書籍やグッズの販売。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    サミットにて販売されていた、現代版の二宮金次郎さんの像です。

                     

                     

                     

                     

                    な ん と!

                     

                    今市報徳社の皆様が当神社に

                     

                    御奉納下さいました。

                     

                     

                     

                     

                    売り場の方によると、今回はこの像1体しか用意がなく

                     

                    今市報徳社の方が購入後に、この像をほしいという方が何名か

                     

                    いらしたそうで、早めに予約していたので購入できたとの事。

                     

                    これも1つのご縁ですね(^_^)!

                     

                     

                     

                     

                     

                    この小さい金次郎さんの置物も、すぐに完売してしまったそうです。

                     

                     

                     

                     

                     

                    雨が降っていない時には、御奉納頂いた像を神社の目立つ所に置いて

                     

                    おりますので探してみて下さい。

                     

                     

                    小さい金次郎さんの置物も社頭に飾っています。

                     

                     

                    サミットにて展示されていた「掛樋」は神社宝物館前に常時展示しています。

                     

                     

                     

                     

                    今市報徳社の皆様、ご奉納ありがとうございました。

                     

                     

                     

                    来年の全国報徳サミットは静岡県掛川市にて開催されます!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

                     

                      学問・経営の神

                     

                         今市 報徳二宮神社

                     

                     

                     

                       住所  栃木県日光市今市743

                     

                         電話  0288−21−0138

                     

                     

                     

                     

                    日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

                     

                    東武下今市駅より徒歩3分

                     

                     

                     

                    日光東照宮・日光二荒山神社

                     

                    鬼怒川温泉より30分圏内

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    尊徳来福像・屋根の竣工

                    0

                      JUGEMテーマ:栃木県

                      JUGEMテーマ:首都圏健歩会

                      JUGEMテーマ:神社仏閣

                      JUGEMテーマ:御朱印収集

                       

                       

                       

                       

                       

                      尊徳来福像の屋根の竣工

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ※下記画像は令和元年11月24日下野新聞掲載記事

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      今月11月中旬に地元・県外の神社崇敬者の皆様による

                       

                      ご奉納のもと、尊徳来福像の屋根が完成し、11月17日の

                       

                      神社例大祭(尊徳翁の命日)に合わせて、竣工報告祭を

                       

                      行いました。

                       

                       

                       

                       

                      ※下記画像は、屋根の設置の様子

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      尊徳来福像は地元、今市出身の二宮尊徳翁崇敬者である

                       

                      藤井 正二 様が尊徳先生の教えを広めたいとの思いから

                       

                      日本チェーンソーアート大会優勝者の栗田 広行 様

                       

                      太田 貴之 様に制作を依頼して平成29年に神社に

                       

                      奉納されました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      木材は愛知県内の山林から切り出した、樹齢212年・

                       

                      高さ約40メートルの杉の木を使用した一木造りと

                       

                      なっています。

                       

                       

                       

                       

                      木像の高さは約3.5メートル 直径約140

                       

                      重さは1体 2トン超です。

                       

                       

                       

                       

                       

                      この杉の木は樹齢、約212年であり、二宮尊徳翁が生まれた頃

                       

                      に実生(みしょう)した杉であります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      又、この杉の持ち主も偶然にも二宮尊徳翁を崇敬されている

                       

                      方で、二宮尊徳翁終焉の地にある当神社に奉納されるとの

                       

                      事で快く、杉の伐採を許して下さったとの事です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      そして、この木像2体にはそれぞれ意味があり、奉納者の

                       

                      藤井 様の思いも込められております。

                       

                       

                       

                       

                       

                      鳥居右手側の立像は、人々の中に尊徳先生の教えがある・

                       

                      心の中に教えが生きづいている事を表し、立像の胸に

                       

                      尊徳先生が彫られています。

                       

                       

                       

                      左手側の座像は、尊徳先生が桜町(現栃木県真岡市)仕法の時に

                       

                      成田山新勝寺にて断食祈願をした様子を表しています。

                       

                       

                       

                      像の後ろには、尊徳先生の教えである「積小為大」「一縁融合」

                       

                      の文字が刻まれています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      神社にお参りの際には是非御覧下さい。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      屋根をご奉納して頂いた皆様。ご神像の奉納をして頂いた

                       

                      藤井 正二 様、制作頂いた栗田 広行 様・太田 貴之 様には

                       

                      衷心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

                       

                      尊徳先生もお喜びの事と思います(^_^)!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ※下野新聞掲載記事

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      二宮尊徳翁(金次郎)終焉の地

                       

                      学問・経営の神

                       

                        今市 報徳二宮神社

                       

                       

                       

                         住所  栃木県日光市今市743

                       

                          電話  0288−21−0138

                       

                       

                       

                       

                      日光道の駅 「ニコニコ本陣」より徒歩2分

                       

                      東武下今市駅より徒歩3分

                       

                       

                       

                      日光東照宮・日光二荒山神社

                       

                      鬼怒川温泉より30分圏内

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/4PAGES | >>